新年明けましておめでとうございます。
2018.01.05

クレスト年賀
新年明けましておめでとうございます。
熊谷です。
寒い日が続いておりますが、みなさん体調はいかがでしょうか?
今年は戌年。私は年男です。
そんなことはさて置き
今更ですが2017年私が気になったニュースは



「トルコ塩振り王子」です!
スクリーンショット 2018-01-05 13.02.55
トルコ塩振り王子

イケメンでセクシーに塩を降るだけで世界中から注目されるこのご時世。
頭を悩めて日々苦闘する我々。
このニュースを観るといつも長考している自分が馬鹿馬鹿しく思えたり、
世界は平和だなほっとしたり、
イケメンで生まれたら人生ハッピーだろうと憧れたり、
マッチョっていいな〜て努力から逃げている自分がいたり、
肉食えてな〜てお腹がギュルルルって鳴ったり、
銀行強盗してお金を手にして豪遊したいと変なこと考えたり、
また宝くじ当たらなかったな〜って悲しくなったり、
そうだ!京都へ行こう!とは思わなかったり、
なぜ唇だけ赤いの?ってずっと不思議に思って入ることがまた思い返したり、
こどもって純粋だなとほっこりしました。

こんなニュースだけで色々考える年男です。

2018年良いことあるといいな〜。

ではでは

歓迎会しました!
2017.08.10

先日、仙台某所、クレストの先輩方&先輩のご家族の方々に僕の歓迎会をして頂きました!
取り振る舞われるフランス料理の数々♪お酒も美味しい♪先輩の子供達も可愛かったっす♪

初めまして!
2017.07.18

夏も盛んなこの季節、新しくクレストに入社しました奈良輪です!
まだまだ勉強中で四苦八苦していますが、先輩方に教わりながら精一杯頑張っています!
よろしくお願いします!

と同時にTOPのデザインを担当させて頂きました!
インターネット、スマートホォン、SNSなど、新しい媒体が主流になり、
言葉、直接のコミュニケーションがなくとも人と通じ合える昨今、
メディアから得られる情報も大事ですが、
人と人との直接的なコミュニケーションも大切だと思います。

失敗しても良いからやってみる。
喜んでもらえるようにする。
不器用でも笑おう。
がテーマです。

では、頑張ります。

 

奈良輪

へっぽこ新人のデザイン発見記
2016.10.27

1020_diary1

 

みなさんいかがお過ごしですか。遠藤です。
いつの間にやら夏も過ぎ去り、
コートで寒さから身を守る時期になりましたね。
こんな時期には家で鍋でもしたい気分・・・
そして、そんなときに安く具材を仕入れるには・・・
チラシをチェック!その通りです。

ところで、みなさんはこういったチラシをみたことはありませんか?

tirasi

(出典:http://aokisuper.com/post_detail.php?no=19 )

 

「黄色くてざらざらしているチラシ紙」
誰しも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
スーパーの格安チラシと言えばこれ!というような黄色チラシ・・・
なぜ、黄色なのでしょうか?

 

というわけで調べてみました。

 

はじめに値段を調べてみると、
黄色くてざらついたチラシの紙、普通の白い用紙よりも安いのです。

短い周期で発信し多くの枚数を消費するチラシにとって、

この紙はまさにうってつけというわけです。

 

 

理由①「コストがかからない」

 

つづいては色です。

黄色といえば、標識などでよく使われていますね。

人間にとって黄色や赤は警戒色であり、自然と目を引きます。

多くのチラシに埋もれながらも存在感をだすため、

この黄色は大事な役割をしていたのですね!

 

理由②「他の色より目を引く」

 

 

さて、ここまでは予想の付く理由ですね。

しかし、黄色い紙を使う理由はそれだけではないのです。

目立つという理由なら赤でもいいはず・・・

しかし多く使われているのは黄色。
そう、赤でもピンクでも水色でも無く、黄色というのに意味があるのです。

色にはそれぞれのイメージがあります。

1020_diary4

黄色が持つイメージは
「優しい」「明るい」「光」「未来」etc…
そして「安い」です。

そうです、黄色を使えば、
感覚的に「安い!」と印象づけることがデキてしまうのです!

1020_diary3

逆に高級なイメージを持たせるには黒を用いるのが効果的です。
高級な商品のカタログなどにはよく黒が用いられますが
黒を使うことで「高級」というイメージを感覚的に伝えているのです。

1020_diary2

また、名刺は白い背景に黒文字というのが一般的ですが
白は「誠実」「清潔」「まじめ」という
仕事相手として素晴らしい印象を持たせます。

このように、持たせたいイメージを伝えるために、
色は大きな役割を果たすんですね!

※ただし、ここに描いている以外にも色のイメージはたくさんあり、
伝えたいイメージに合わせるには必ずこの色、というわけではありません。

理由③「色で安さを伝える」

 

いかがでしたでしょうか、

このように、黄色いチラシには様々な理由が隠れていたのです!

今日あなたのポストにとどく広告の秘密を
探ってみるのも、おもしろいかもしれませんね!

 

結果「チラシの黄色い紙は深い広告戦略だった!」

 

以上、第二回「へっぽこ新人のデザイン発見記」でした。
次回もお楽しみに!

 

 

1020_diary

 

 

 

 

 

What is Internet of Things (IoT)? THINGS + Sense & Communicate
2016.10.19

main_img01

Inspired by the artist Robert Rauschenberg, the artwork intends to visualize communication through the Internet of Things

 

Today, the world has become more and more internet-reliant. Countless people and businesses could not survive without the internet. The internet has woven our lives in one way or another to connect not just to people but to the things around us connecting each other as well. Hence, the Internet of Things.

 

What is Internet of Things (IoT)?
THINGS + Sense & Communicate

 

The Internet of Things (IoT) which is said to be far bigger than anyone realizes, is a system of interrelated computing devices, mechanical and digital machines, objects, animals or people that are provided with unique identifiers and the ability to transfer data over a network without requiring human-to-human or human-to-computer interaction. (source via techtarget.com)

One of the earliest example of this concept is the ATM machine that went online in the 1970′s. There are also some of the things that you may already own including the apple watch, smartphones, smart home appliances like refrigerators or thermostats, cars and many other items that are getting the internet of things treatment.

Although there could be potentially terrifying security and privacy issues we might be dealing with, sure enough that the IoT does not just make our everyday lives and businesses more efficient, it could completely save lives through advanced communication (e.g. revolutionizing patient care or intensifying warning systems for sudden calamities).

セブ滞在記vol.1 〜私は今セブにいます〜
2016.09.29

こにちは青野です。

今現在、僕はフィリピンのセブ島にいます。

南国のリゾート地というイメージがありますが、決して観光目的ではありません。仕事です。出張ですね。

弊社はこちらに支店を構えており、ここでは現在4名の現地スタッフが働いています。

あるプロジェクトをこちらで遂行するために、ディレクターとして派遣されました。

滞在期間は2週間。

観光にしては長いけど、仕事をするには短い。

いや、、全然短い。短すぎる。もっと色々見たかった。。。。

 

img_1988_

↑成田からの乗り継ぎで降り立ったマニラ空港。あっつくて速攻ジーパンから短パンに着替えた。

そして近寄ってきた謎の親切な人と談笑。色々案内してもらい。別れ際チップを要求され はじめて、「あ〜そーゆーことねー」と気付き、とりあえず5ペソ渡したらすごい剣幕をされた。でも金銭感覚が全く身についていなかったので勘弁してください。。。 ※5ペソ≒10円

 

僕は明後日10/1(土)、こちらを発ちます。

タイムリミットです。日本に帰ります。

あっ、という間の2週間、でも詰まりに詰まった2週間。

現地の事、感じたこと、少しですがお伝えしようかと思います。

 

 

まずは、あつい。

日本が20度を切ろうかとしていたところ、

こちらは、日中30℃前後、朝晩25℃前後(もう少し冷えることもあったかな)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-%e5%8d%88%e5%be%8c4-03-32%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

夏好き、冬嫌いの僕としては、まさにパラダイスです。

気候は熱帯性気候?ココナッツがたくさん生えています。

それと今9/29は雨季なので、ときおり1時間ほどスコールが降ります。

そして雨が上がると、むわっとしたあつさに戻ります。

道行く人は半袖、短パンorジーンズなどが殆どで、上半身裸の人もいたるところにいます。

あとは以外と長袖長ズボンもいたりしますが、日焼け対策ですね。

 

主食は米。

ローカルな店からでかいモールなどいろんなところにいったが、

フィリピン料理のスタンダードは、

米が大皿に人数分きて、おかず何品かを頼み、シェアするスタイルみたい。

僕が食べたのは肉を中心にスープ(シニガンスープ)や野菜と肉を和えたものや焼きそば。

img_2005

↑夜に着いたのでセブでもっともメジャーなアヤラモールにでディナー。

 

 

豚、牛?もあったかな、あとチキン。

平日はシンプルに米と肉を喰らう感じ。

ローストしたり、細かくして野菜と炒めたり、料理法は色々。

でも味付けはだいたい濃いめで甘辛。

日本食でも、甘辛で濃い味が好きな人にはいいかも。

僕もその一人なので、食べて、「うえ~」っていう料理には、出会わなかった。

 

ただ、1度だけ、

現地スタッフに「これは、セブで一般的なスープです。」とか言われて、

豚肉が入ったカレーのようなどろどろスープ、「レチョン」を食べさせられたですが、

印象は「ん~ちょっと苦いような甘いような変わった味だな」と思って食べていたのですが、

ごちそうさまのタイミングで、「青野さんサプライズ。これは豚の血のスープです。(上記の写真の真ん中にあるやつ)」

といわれ、「うえ~、まじで~、あ~。」となりました。

現地スタッフはいたずらっこでした。

 

そんな気候&濃い味付けが多い土地柄か、炭酸飲料が結構スタンダード。

日本のようにジュースの一つではなく、ソーダという1つの確立した飲み物みたいです。

子供から大人まで飲んでいるイメージ。大好きなコーラがすすむすすむ。

1リットルとか1.5リットルの炭酸飲料をトータル7、8本は買った。

 

とはいえ、前半一週間はまだお腹が慣れず軽く下痢気味でした。。。

まーしょうがない。

 

長くなりすぎるのでvol.1はこのへんで。

次の投稿は多分日本で書くことになるのかな?

正直帰りたくない 。。。

 

年度始めとインターン
2016.04.06

木々も春色をまとい揺れる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

クレストの遠藤です。

 

新年度が始まりましたね!

今年度も皆様の心に春のようにほっこり素敵なデザインを

お届けできるよう精進していきます!

よろしくお願いします。

 

さて、新年度になり、ぴかぴかの新社会人が注目される時期ですね。

クレストでも学生インターンが始まり、

3月28日より仙台デザイン専門学校から二人のインターン生が来ました!

 

2週間のインターン、スポンジのような吸収力とフレッシュな感性で

たくさんのことを感じ、持ち帰ってもらいたいですね。

かくいう私も同じ学校の卒業生ということで、

自分も数年前はこんな感じだったのかなとしみじみ感じております。

 

0406_diary

 

 

・・・さて!

そんなインターン生のお二人も連れて、先週の金曜日に

ランチを食べてきました。

 

インターンランチ

インターンランチ2

会社から徒歩5分の某飲食店にて。

大盛りのランチをいただきながら、和やかな雰囲気でランチ。

社員とインターン生の仲もより深まったかと思います!

 

残り数日となりましたが、

最後まで充実したインターンを過ごして欲しいです。

 

私も学生に負けないように頑張らないと・・・(笑)

 

ではまたお会いしましょう!

今年は花粉症デビューの予感・・・遠藤でした。

あけましておめでとうございます
2016.01.18

It is Ahayara who gave a top batter in 2016.

Everyone who has always been indebted to us, everyone who visited our site for the first time
Happy New Year!

New year's card

Well, New Year’s card in 2016 that we sent to everyone who is doing a good association, but
Aohara, who was born in Rooster year, was in charge of the production.
By the way, because I am not a designer, Kanno finished the design.

Let’s make it with prints, remembering the time of a brat if you are making a great effort! I thought that
such time never ceased, to a crying printmaking “Wind”.
I also wanted to make ginkgo with potatoes.

Regarding “Hakushin Mind” written in the “Hanko” part,
I mentioned the meaning in the address side of the New Year’s card, but this is
what Crest who thinks “What is communication?” Message on the top page This is the answer.

If you complement it easily
, I would like to know more about your opponent · The thought that I want you to know more about me is
the beginning of communication.
In order to achieve that
feeling, it is difficult to compromise if you do not have a feeling to compare your partner first.
What are you thinking from the conversation , what you are trying to communicate, what you are asking ….
If you can understand even a little about your opponent, this time it will be easier to convey your own thoughts.

This kind of feeling is very important in the work we are engaged in and
we can say the same thing with love or friendship.

Yes, if you can replace (care) you for yourself,
it is not impossible to reduce the miserable conflict that is happening in the world!

Oops, although it is going to be long
, Crest in 2016 cherishes “hearted consideration” more than usual year
and we will soon challenge everyone’s mind so we hope to see you again
this year! It is!

Culminating 2015 With Ayala Groups
2015.12.15

Ayala Center Cebu

The year is about to end, but the last 2 quarters of 2015 was pretty exciting for Cebu office For the past few years we’ve been working with an Ayala Company -. Cebu Holdings Inc., but this year we started working with Ayala Center Cebu.

 

Aerial view of Ayala Center Cebu, overlooking Cebu Business Park with the mall's main drop-off area on the foreground - Photo by: Robert Bagares

Aerial view of Ayala Center Cebu, overlooking Cebu Business Park with the mall’s main drop-off area on the foreground – Photo by: Robert Bagares

 

A prestigious brand from Ayala Group of Companies – Ayala Malls, one of the leading mall brands in the Philippines spawning high-class malls and bringing in international and big brands nationwide.

Ayala Malls has a large reach of audience capable of bringing print ad’s across the city. Designing billboards, in-mall posters, on-vehicle posters, street signs and etc. is hard work.

August Midnight sale Artwork design and layout of around 19 sizes including street tarpaulin, mall hanging tarps, newspaper and etc.

August Midnight sale Artwork design and layout of around 19 sizes including street tarpaulin, mall hanging tarps, newspaper and etc.

But the pleasure to see your design spread across the city is rewarding. Here are a few selected works we’ve made for them.

IMG-1

July Fashion Sale Artwork design and layout of around 19 sizes including street tarpaulin, mall hanging tarps, newspaper and etc.

July Fashion Sale Artwork design and layout of around 19 sizes including street tarpaulin, mall hanging tarps, newspaper and etc.

Ayala Land Sales Inc.

Ayala Land – the Philippines biggest Real Estate Company is starting to stretch it’s muscles, now reaching overseas markets. Ayala Land has a company dedicated for it’s sales division, the Ayala Land Sales Inc. In real estate business, it is a standard practice to build a showroom so that prospect buyers can feel the actual space before buying.

However, reaching a wider audience specially abroad proved expensive and difficult to build this showrooms. Ayala Land Sales tapped Cebu office for assistance.

Instead of building a showroom, sales team can go on tour using virtual tour in HTML format. Does, it becomes accessible and easy to use. Cebu team created the Alcoves virtual tour for the sales group Tokyo tour last November.

tour-3 tour-2 tour-1

The actual HTML was hosted privately by the Sales group – however, a duplicate of the virtual tour can be accessed here: http://demo.ccrest-ids.com/alcoves/tour.html

Cebu office is composed of few staff, but undeniably the caliber to execute and partner with Philippines biggest brands have proved them capable. With this, we are looking forward for a more exciting 2016

「わたしたちはデザインでコミュニケーションする」
2015.12.08

main_img01-1

 

今月のトップページデザインを担当しました、デザイナーの菅野です。

コンセプトは…

「わたしたちはデザインでコミュニケーションする」

カラフルな色たちは「伝えたいたくさんの“想い”」
散りばめられた文字は「デザインに込めた“想い”」(をいろんな国の言葉で)
躍動する墨は「弾ける“想い”」「日本人としての“美意識”」

です。

本当はいろんな声(音声)を入れたかったのですが、
じ・次回チャレンジしたいと思います。

では、CCREST菅野でした!

へっぽこ新人のデザイン発見記
2015.11.30

こんばんは、はじめまして。
CCREST入社2年目になりましたエンドウと申します。

新人でまだまだ修行中の私ですが、
日常で見つけたふしぎなこと、きになることを
デザインの観点から追求していきたいと思います!
それがこの「へっぽこ新人のデザイン発見記」です。

記念すべき第一回目は、
我らが頼れる先輩熊谷さんのデスク脇に君臨するこの・・
IMG_3840
「しゃちほこ」です。

日本人なら知らない人がいないのでは?というほど有名な「しゃちほこ」。
顔は前をむいて背中はのけぞり足は天高く・・全身が鍛えられそうな体制ですね。

新しい筋トレにいいかも・・

1130_diary5

 

 

話がそれましたが、気になるのはそのすがたカタチです。
いったい何がモデルになっているのでしょう?

さっそく調べたところ・・・
じつはこのシャチホコ、「魚虎」とかきシャチホコと言うそうで、
「鯱(シャチ)」という空想上の生き物だったのです!

ずっと海の動物「シャチ」がモデルだと思っていた自分には驚きの真相でした。
(見た目は確かに全く違うのですが・・)

空想上の生き物の鯱は守り神とされ、体は魚、頭は虎がモデルといわれています。
火事が起こると水を吹き、火を消してくれるといわれていたそうな。
1130_diary3

その独特の見た目から生まれた言葉もあるのです。
「しゃちほこばる」ということば、ご存じですか?
1130_diary4
意味を調べたらなんともシャチホコらしい意味でございました。
是非皆さんもふとした瞬間。つかってみてくださいね!

 

結果:「シャチホコは鯱という空想生物がモデルだった!」

 

以上、第一回「へっぽこ新人のデザイン発見記」でした。
次回もお楽しみに!

1130_diary1

セブのITエキスポにShopCast出展
2015.11.26

EXPO-1

11/23~25の3日間、セブシティ・ウオーターフロントホテルで「セブITエキスポ」開催。
当社開発のモバイル集客支援アプリ「SHOPCAST」を出展しました。

メイン会場ではスマート通信、グローブテレコム、LG電子、オクルス、Facebookや、ドローン、ハイテク印刷会社など多くの企業が出展しており、アプリ開発のブースは、メインホールの両サイドに広がる通路に出展。

EXPO-2

他社の人気アプリGrab Taxi(ドイツベース)、Food panda(シンガポールベース)の開発者は当社のアプリに興味を持っていただきビジネスパートナーとして協力したいと社交辞令からはじまり、フィリピンマーケットについて情報交換。

また、地元のメディ(Magic 92.3)から、「SHOPCAST」に関する取材を受けることになりました。
内容は、後ほどブログに公開します。
今回の出展では、私たちのアプリに関心を持ちより多くの方々に認知してもらう良い機会になりました。スタッフもノリノリで頑張りましたーーーお疲れ様でした。

EXPO-3

「SHOPCAST」は、お店のプロモーションを最寄りのユーザーへ一斉配信するサービスを提供します。

現在、フィリピンセブにてβ版の運用開始。
Shopcast PH

CEBU IT EXPO 2015ビデオ

NEW IMAGE COMING!
2015.02.27

01

Continuous movement to a different direction but unified from a single point of reference.
Exercising freedom with conscious awareness of a goal for the common good is unity in its finest form.
This idea is inspired the picture of lines drawing from every direction,
but fulfils a single image. To see the big picture don’t lose sight of the forest for the trees.

Robert Bagares (Robert)

Face to Face
2014.09.09

ピクチャ-2

皆様こんにちは、青野です。
トップのデザインギャラリー企画、今月9月を担当させてもらいました。

早速ですが、コミュニケーションとは?
昔のブログでも色々と書いた気もします。

MAIL、SNS、LINE、TWITTER等々、コミュニケーションが複雑になってきている昨今。
全部が全部コミュニケーションなんだけど、
やっぱり顔と顔を合わせることは大切だと思うし、
そうすることで生まれるエネルギーってでかいし大事よね、と。

ちょうどこれを制作する前日に会社の先輩の結婚式がありました。
僕は2次会から参加させてもらったわけだが、
久しぶりに会う先輩、たまにしか会わない方。
いつもと違う空間、少しの緊張感、少しのわくわく。
今回は特別なエネルギーもあったとはいえ、
3次会、4次会、5次会、6次会(笑)と、とてもとても良い時間を過ごしたわけで。
最後まで引っ張ってくれた先輩方に感謝。

そんなこんなでこのトップのビジュアルが出来たわけで。
今回のトップビジュアルとさせていただきました。

意識して笑顔作るの難しい。

以上

セブスタッフの日本語勉強
2014.08.01

日本語は難しいけど、セブオフィスのスタッフが日本語の授業で最善を尽くしています。

しかし、学習のレベルが異なります。 ロバートとイサイがより進んでいる。 ポンとライアンは、日本語の教訓を学ぶことの彼らの第二項である。ロッキーさんは、他の2人に比べて、日本語学習歴が短いですが、語彙力がもう一歩!というくらいで、あとは、他の2人とあまりかわらなくなってきました。むしろ、特に漢字のマスタースピードは一番早いかもしれません。

クラスは週に2時間かかります。先生によると、誰もが明るいなので、クラスは退屈することはありません。12月に能力試験をあるので、先生は毎月の模擬試験問題を与えています。先生なしでも、スタッフは時折に日本語の喋るの練習。

 

imgo

 

imgo (1)

8月トップページデザインについて(About TOPpage design)
2014.07.30

main_img01

 

このデザインのモチーフは、東京や日本のダイナミズムに基づいています。

ビジュアルコミュニケーションは、技術の発展による振動で活気に満ちている。今日では、複数のメディア表現の領域で成長を続けています。

This design is about the visual communication in Japan. The motif is based on the dynamism of Tokyo and Japan as a whole. The visual communication of Tokyo was full of vigor and is oscillating. With the developments in technology today, visual communication design, continues to grow as a realm of expression spanning several media domains.

Thessalonia Java (Ysai)

A video about Japan
2014.07.04

Japan is awesome more than this video could ever tell. My stay there was unforgettable. I was very grateful of being able to come and experience the culture, work system and lifestyle of this country. 

株式会社ラネックス様×CCREST親睦ボーリング大会開催しました!
2014.06.26

6月25日、IT関連企業・株式会社ラネックス様と、ボーリング大会&親睦会を開催しました!

(写真ちょっと暗いですが….)

写真 2014-06-25 19 59 56

 

結果は、さんざんなものでしたがww

次回、リベンジということで、その後の親睦会も含め、楽しい会となりました。

今後共、宜しくお願い致します。

A memory as still as a photograph
2014.06.16
Documenting a wedding in a remote island south of Philippines.

Documenting a wedding in a remote island south of Philippines.

First weeding kiss.

First weeding kiss.

 

It’s fascinating how people cherish memories. Photographs communicate the past to the present, it relives the experience, giving you a doze of what you felt back then. I find interests documenting events especially from people I know. I take snapshots of their special moments in un-choreographed angles. And it’s satisfying to see how they react after seeing their photographs.

写真のブログ
2014.06.09

Taxi line-up_Sendai Station

This is my personal travel photography blog. I like taking pictures of random people, things and places. I specially like street photography using film cameras. I am so happy to have taken photos of Japan-one of the world’s greatest countries.  

 

予告「とある会社のHPが出来るまで」
2014.03.31

そろそろジーンズの下に履いているヒートテック(股引)を履かなくて良いかな?どうかな?でも夜寒いし履いておこうかな。

という季節になりましたね。青野です。

実際の所仙台はまだまだ寒いですから、履いておきましょうかね。

 

さて、前回ブログを書いたのは去年の5月25日、、、、、?いや違う、一昨年の5月25日だ、一昨年だ。てことは1年と10ヶ月振り!!時が経つのは早いもので、2年近く経ったみたいですね。その間、僕は30を迎え、子どもが出来、生まれ来月から保育園。色々あったなあ。ほんとあっという間ですね。びっくり。

ということで、とてもとても久しぶりのパパブログとなりました。そんなことはとりあえず置いておいて、まずニュース!

クレストのHPがリニューアル!

リニューアル

致しました!(既に1ヶ月くらい経ってますが)

今回もデザインを担当させていただきました。大分ばたばたしながらで進んだので、形に出来ていない企画もあり、まだまだ未知の可能性を秘めた状態での公開となりました。

この先の進化を、乞うご期待いただきたいわけです。

そして、今回は、制作段階の「プロセス」。これを紐解いていき、「とある会社のHPが出来るまで」というブログを書いていこうかと思っています。

色々と整理しつつ進めてまいりますので、「ウチの会社のHP古いよな〜そろそろ新しくしないと時代において行かれてしまうな〜」と、半年くらい前から一ヶ月おきに考えている、そこのあなた!ぜひ、ご一読いただき、その一歩を踏み出すきっかけにしていただけたら幸いです!

ではまた次回!

 

おまけ、松たか子の「明日、春が来たら」

晴れた昼休みにでもどうぞ

YouTube Preview Image

始まりの季節、春はすぐそこ。

 

青野

私の友人はロングボードを果たしている。
2014.02.21

URL: https://vimeo.com/31708054 (personal work)

Objectives: My friends play long-board.

 

目的:私の友人はロングボードを果たしている。

家族旅行ビデオ。
2014.02.21

URL: https://vimeo.com/30193946 (personal work)

Objectives: A family vacation video.

 

目的:家族旅行ビデオ。

広告のための大学のプロジェクト
2014.02.21

 

URL: https://vimeo.com/29938554 (personal work)

Objectives: University project for advertising. It practice motion graphics, writing, sound design and overall presentation for a CM.

 

目標:広告のための大学のプロジェクト。これは、モーショングラフィックス、書き込み、サウンドデザインやCMの全体的なプレゼンテーションを練習。

ARパンフレットデモ
2014.02.21
YouTube Preview Image

URL: http://www.youtube.com/watch?v=86yfJkvIIr8

Title: AR Brochure Demo

Client: CCREST Co., Ltd.

Objectives: Demonstration video for the AR Mobile Application.

 

タイトル:ARパンフレットデモ

クライアント:CCREST(自社開発アプリデモ版)

目的:ARモバイルアプリケーションのためのデモビデオ。

PON!卵ゲームデザイン·シーケンス
2014.02.21
YouTube Preview Image

URL: http://www.youtube.com/watch?v=jycaldrVXiE

Title: PON! Egg Game Design Sequence

Client: CCREST Co., Ltd.

Objectives: Visualize game sequencing and sound design of the mobile AR game PON EGG!

 

タイトル:PON!卵ゲームデザイン·シーケンス

クライアント:CCREST(自社開発アプリデモ版)

目的:ゲームのシーケンシングおよびモバイルARゲームのPON卵サウンドデザインを視覚化!

ポンエッグ!
2014.02.21
YouTube Preview Image

URL: http://www.youtube.com/watch?v=fpqSJjnRieQ (PON! Egg)

Title: Pon Egg!

Client: CCREST Co., Ltd.

Objectives: Demonstrate 3D animation reel of the mobile AR game PON EGG!

 

タイトル:ポンエッグ!

クライアント:CCREST(自社開発アプリデモ版)

目的:モバイルARゲーム「PON!Egg」の3Dアニメーションリールを発揮!

Sopcastでスマートショッピング
2014.02.21
YouTube Preview Image

URL: http://www.youtube.com/watch?v=iv9qLVPNWYM

Title: What Is Shopcast

Client: CCREST Co., Ltd.

Objectives: PV Video of Shopcast App

 

タイトル:Sopcastでスマートショッピング

クライアント:CCREST(自社開発アプリβ版)

目的:Shopcast APPのPV動画

 

Shopcast開発チームのブログ

‎www.shopcast-app.com/blog/en/

スマートフォンで新しいコミュニケーションのスタイル。 今や、コミュニケーションも手のひらサイズ?
2014.02.20

01

よく見かけるこんなシーン。

誰からのメッセージでしょうか…?

 

今日の生活者は、かつてないほどの情報力を手にし、しかも互いにつながっています。

ソーシャルネットネットワークによって、

人気店の情報も“口コミ”であっという間に知ることとなります。

 

  • 従来であれば、一般人の“口コミ”はせいぜい友だち数人に影響を与えるぐらいの
  • 影響力だったかもしれませんが。
  • 現在は一般的なフェイスブックやツイッターユーザーでも平均100人以上はフレンドやフォロワーがいるようです。
  • つまり、一人のファンがソーシャルメディアで同様の“口コミ”をしてくれると100人単位で伝わる可能性があり、内容によっては100人のそのまた100人に伝わるということが起こりえるかもしれません。“口コミ”という無料のマーケティングを上手く活用できたらどうでしょう。
  • 広告を通じたコミュニケーションから、“口コミ”を通じたコミュニケーションへの変化が、ネットやソーシャルメディアの普及による必然的なパラダイムシフトとして拡がりはじめています。

 

「スマートフォンでお客様とお店をつなぐ」

020モバイルマーケティング・システム「ShopCast」。

生活者と企業のコミュニケーション・プラットフォームを

シンガポールにてβ版で進行中です。

Shopcast

 

Shop Cast、ローンチキャンペーンを実施中。

#AwesomeSingapore

 

禁煙の話
2012.05.25

みなさんこんにちは。

久しぶりに投稿です。

青野です。

 

僕は今、体調を崩しています。

喉がやられ、咳と鼻水がとまらず、マスクをして過ごしています。

色々なツケが来ているんだと思います。

まずひとつは、日常生活の乱れ。

いつまでも無理できると思うなよ、と誰かに言われている気がします28歳。

そしてもうひとつはタイトルにありました、禁煙。

これが関係していると見ています。

 

そうなんです。

僕は高校2年くらいから吸っていたたばこを

遂に、辞めようと思うに至り、禁煙を開始したのです。

 

高校2年からだから12、3年間たばこを吸ってきました。

辞める直前は大体3日で2箱(40本)、

ただ若い頃はそんなには吸ってなかったと思うけど、多いときは1日1箱吸ったりもしてたし、、、、、、、、、

とかなんとかで、ざっくりならすと

やっぱり3日で2箱計算。

 

1日大体13本。

×12年(4,380日)。

 

=56,940本。

どんっ!
ごまんろくせんほん。

 

とにかくいっぱい。

 

禁煙を始めたのは、4月7日。
およそ1ヶ月と2週間とちょっと。
医者に通いお薬を処方してもらい。
一日2回服用。
それを3ヶ月。
というやつ。

 

薬の効果が凄いのか、はじめて1、2週間の時点での感想は、
「あ、これ辞められますね。」
といった感じで、
ぽんぽんと1ヶ月。
そもそも、なぜニコチン中毒になるかというと
詳しくはこちら
とうことなのですが、
チャンピックスという薬は、
以下抜粋

 

チャンピックスは、ニコチンの代わりに、脳にあるニコチン受容体という部位に結合して快感を生じさせる物質(ドパミン)を少量放出させるため、禁煙時にあらわれるイライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。また、禁煙時に一服してしまったとき、ニコチンがこの受容体に結合するのを邪魔して、タバコのおいしさを感じにくくします。チャンピックスは、これらの働きにより禁煙をしやすくする薬です。

 

というような説明になるようです。
1日2回食後に服用するように言われています。
が、以前に、食後に飲むのを忘れてしまい、
ほぼ空腹時に服用してしまったことが一度だけあります。
その時は、おなかがとても気持ち悪くなり、なかなか具合が悪くなりました。
結構強い薬みたいですね。
チャンピックス。

 

 

そんな禁煙生活が1ヶ月程経ち、
5月に入ってから、喉に異変を感じるようになりました。
けほけほと咳もでてきました。
最初の内はあまり気にしてはいなかったのですが、
その症状が1週間、2週間と長引き、
あれ?
体調悪いわけでもないのに、なんだこれは??
と、明らかに異常だなと思うようになりました。
そこで、知り合いが言っていた事を思い出す。
「禁煙始めてから、口内炎がやばい。」
なにやら離脱症状とは違った、体の異変が現れるというのです。
そこで、色々調べてみた結果
それらの症状は「好転反応」と呼ばれているようで、
体がたばこを吸う前の良い状態に戻る反応のことを言うそうです。
どんだけ方向転換させられているのとびっくり。
僕の症状もいくつかあてはまります。

人によって症状、期間等は様々みたいですが、
出口は大体300日。
ざっくり1年を境に、卒煙感を得られるとのことです。
それまでは、心身共に苦しんでいるみたいで。
僕はというと、まだたったの49日。
先は長いな〜。

そんな状態のところに生活の乱れ、
不摂生が合わさり、
点滴。
ち〜ん。

 

 

日々沢山のストレスを抱え、過ごしている以上、
息抜き、ストレス解消を求めるのは当然の事。
禁煙成功したのにまた吸ってしまう人も、沢山いるようです。
僕もそうなるのかもしれません。
ただそのストレス解消の先に、たばこ以外の別のものを、
と考えることも必要なんじゃないかと。

 

 

今回、色々な事がきっかけで、
たばこについて勉強し、
体で感じて思うこと、
それは、

 

たばこは決して嗜好品等ではなく依存性薬物であるということ。

 

 

タバコ事業の許認可は財務省が行っているという事実。

たばこの箱に書いてあるあの警告文。
これも財務省が考えたものだそうです。
なんか嫌な臭いです。

 

 

そしてやはり考えてしまう、
それらの宣伝を僕ら広告屋がお手伝いしている事。
原子力は安全です!
という広告に関わり恩恵を受けている人も沢山いたわけで。
そんな重要な役割をもつ広告性質。←やっと広告の話(笑)

とは言え、新しいたばこのパッケージ考えてくれと言われたら、
一生懸命取り組んじゃうだろうし。。。。。

 

 

僕は、ここで
吸う人がどうとか吸わない人がどうとか言うつもりは、全く以て皆無です。

吸うも吸わないも自由です。
ただ、自己管理は自分でしないといけません。
そんなのは当たり前ですが。

 

よし、そろそろ健康に気を遣い、少ないお小遣いを有効に使おう!
と思ったわけです。

 

ちーん

引っ越します。
2011.10.28

お久しぶりです。
青野です。

仕事の途中、たばこをくわえ、何気なくベランダに出るも
「さむっ」
とすぐさま退散。

長引いた節電の夏が終わり、
季節は180度向きを変え、突っ走り出した。
10月も終盤、秋真っ盛り。

焼けるような夕焼け。
キンモクセイ、ぎんなんの香り。
あっという間に移り変わる空模様。
そして今になってやたらと増えてきた外装修繕工事。
仙台の街中のビル、マンションに足場が組まれては消えまた組まれ。
友人の足場やさんに聞いてみたら、やっぱり。
「超忙しいよ。」
見てて思うのがとりあえず「おっかない」。
ベテラン級の人なんかは、命綱をカシャンとやらずにひょいひょいと
組みながら上っていきます。

まじで気をつけてください。

毎日必ずベランダにでる。
それはもう100%。

8階からの眺めはまあまあいい。
2階よりはいい。
色んなものが見える。

向かいのマンションの、意味不明なことを叫ぶ住人は今年は大人しい。
どうしたんだろう。
隣の寮は玄関がこっち向きでベランダから丸見え。
別に見ようと思ってるわけじゃないんだが、嫌だろうな。

ひとりでぼんやり見下ろす。
縦列駐車に苦戦するおばちゃん。
助手席の友人らしき人が降りてナビ。
でも結局諦めて別の場所を探しに行く。

深夜、仙台をぼんやり見渡す。
明かりの付いたオフィスビルの数を数える。
「あそこが消えたら俺もかえろ」
なんて思ったことは一度もない。

エクセルホテル東急の最期の灯火を見届ける。
各部屋の窓明かりで作られたクリスマスツリーは、
しょぼかったけどなんかよかった。

ベンチに腰掛け、だべり始めると1時間で収まらないこともしばしば。
今までベランダにいた時間を計算したら結構凄い事になるんじゃないかな。
僕にとって、たばこミュニケーションの原点とも言えるんだ。

そんなベランダ、風景とも今日でお別れ。
というか別のオフィスへ移る。
震災やら色んな嫌なことは、そっと置いて新天地へ。

皆片付けでばたばた。
僕は作業があるふりをして日記を書く。

明日クレストは引っ越します。
ここに何年いたのかは定かではないが、
新たなスタートをきる。
住所は一番町。
トラストタワーの近く。
東二番町通り沿い。

これを気に社員一同気持ちを新たに業務に精励する所存です。
何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新住所
〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-1-8 青葉パークビル2F
電話・FAX番号は変わりません。

震災から1ヶ月+2ヶ月
2011.06.22

東日本大震災で被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

4月13日(公開のタイミングがだいぶずれたが。。。)

今うちのHPを見る人はいないだろう。
なんていう無責任さからやる気を捻出し、ブログを書こうと思う。

仙台市青葉区某所、ビルの8階。
地震発生。
震度7
マグニチュード9.0

7だろうが8だろうがどっちでもいい。
たった数秒で死を思わせるようなやつが来た。

まず逃げ遅れる。
一番奥の窓際の3名。
たぶん他のスタッフはオフィスを出て、エレベーターホールにいたのかな。
足元はスリッパ。
あんなに揺れたら歩けない。
パーテーションを押さえていたのが、いつの間にかしがみついていた。
布のふわっとさらさらしたスリッパは危険。

電気が点いたり消えたり
プリンタが走り出したり
窓が開き布のブラインドが外にばはばはとなり
このビルはどうなるんだ?
崩れるの?倒れるの?
どっちみち死ぬか?等と考えつつも、
でもちょっと笑みだったり。

どれだけの時間だったかは全く想像がつかない。
「23秒」と言われれば、「そ〜か〜」となる。
気づいたら、足の踏み場がなかった。
もうぐっちゃぐちゃ。
もちろんだが「片付け」の事など頭にはなかった。
被害状況の確認すらしなかった。
ただただびびった。

揺れがおさまり、半ばパニックで靴を取り替え、貴重品等をバッグに詰め、
スタッフの貴重品を探し、非常用ハシゴを使い非常階段から脱出。
非常階段を降りているときの頭の中は
「あっぶね〜!あぶね!あ〜ぶ〜ね〜!」
って感じだった気がする。

近所の公園に皆が避難し、
なんやかんやで解散。

その時は、1ヶ月後の今を、想定なんてできなかった。
まさかここまでになるとはというのが正直なところ。

ちなみにその前日
僕は机の大がかりな整理をし
落ち着いたので写真なんかを撮っていたていたんだが
綺麗になったのに…
なんでよ…

今更だが、天災の恐ろしさを思い知った。

今日までいろんな出来事があった。
情報すらまともに入らず
落ち着かない日々が続いた。

でも皆で手を取り合い、
助け合いながら笑顔を絶やさず過ごすことが出来た。
ある意味とても幸せな時間を過ごせたようにも思う。

だけど、知らず知らずのうちに神経がすり減らされ
いつの間にか、体力も消耗していた。
東京から駆けつけてくれた友達と喧嘩したり。
喧嘩をしたという話も結構聞いた。
みんな相当疲れ、すり減ったと思う。

信じられない映像、写真を沢山見た。
どれもが、紛れもない事実。
この目でも確かめた。
どこを走っているのか分からないくらいめちゃくちゃ。
そんな状況を目にし、
住むところもあり
幸いにも家族も友達もみんな無事だった僕は
被災者と呼ばれる資格があるのだろうか?
とまで思ってしまう。

一刻も早く、震災前の生活をおくれるようになって欲しい。

今回、日本そして全世界に
大きなテーマとして突きつけられた
情報の扱い方という問題。

情報=事実ではない。
ということ。

何が正しくて何が間違っているのか。
その情報はどこから来たのか。

取捨選択をするのは自分自身。
そもそも忘れてはいけない
情報そのものに商品価値があり
それをお金に換える仕事があり
当たり前だが
それは利益のためのもので
裏には、必ず大人の事情が存在する。
そんな商品をあらゆるプロフェッショナルが
あらゆる手段を使い発信していることを。

それは、コントロールと言えるのであろう。
そして、それらが蔓延するインターネットの実態。
確かにインターネットには何でも載っているかもしれない。
しかしそこには、多くの不確かな情報、そして多くの嘘が混じっているということ。

取捨選択をするのは自分自身であるということを
今後はっきり認識しなければいけない。
とはいえ、元々そんなことは当たり前だ。

当たり前といえば、
電気だって、ガスだって、水だってそう。
全てがもの凄い絶妙なバランスで成り立っていること。
今回はそれら全てが根こそぎやられてしまった。
こんなにも脆いものだったとは。
生産と物流が止まれば僕らは食べられなくなる。

ある会社が潰れる。
取引先の仕事がなくなる。
その会社もなくなる。
連鎖反応。
でもそういうバランスで成り立っていたんだ。

等々、そんな数々の当たり前を改めて突きつけられたようにも思う。

先の見えない不安が蔓延する中
小さくこう思っていたりもする。

ある意味「チャンス」かと。
今回の震災で日本は「当たり前」を見つめ直し、生まれ変われるチャンスなんじゃないかと。
むかつくことを減らすチャンスなんじゃないかと。

というところで下書きとして保存した状態だった。
それが2011/04/11

あれから2ヶ月ちょっと
現在2011/06/22

警察庁がまとめた東日本大震災(余震を含む)の死者は、
6月17日現在で1万5451人となった。
警察に届け出があった行方不明者は7692人。
詳しくはこちらhttp://t.asahi.com/2w2p

完成した仮設住宅は必要戸数の半数にすぎず
生活支援への不安などから入居率も4割程度。
今も約9万人が避難所で生活しているとのこと。

テレビはとっくにほぼ通常放送。
情報や速報を流すためのあのフレームもいつの間にかなくなり
ACのCMを見ると「あーまだやってるんだ」
という印象すらある。
ぽぽぽぽーんから派生したシリーズが話題となり
沿岸部、福島県以外は、のほほほーんと時を過ごす。

ツイッターのTLからも震災関連が殆どなくなり
各ニュース記事からもそれらのニュースは減ってきている。

皆は再び、震災関連以外のものへと目を向け始めた。
早くなった帰宅時間や細かいことを除けば
僕は3.11以前に完全に戻ったとも思う。

ただ、忘れる日はない。
あんなことがあったことは。
忘れないようにしていると言ってもいい。
いくら時間がとれない日でも何かしらで情報を探している。

15,451人が遺体として発見され
7,692人が行方不明。
家族の元に返ることなく、津波にさらわれ、海を漂っているのだろう。
未だに瓦礫の下敷きになった遺体も間違いなくあるはずだ。

未だ戻らない息子、娘、嫁、旦那、かーちゃん、とーちゃん、親戚、ペット、、、、

そんな人達が抱える悲しみに
終わりは来るのだろうか。
遺族と呼んでしまうしかないのだろうか。

ほんとに僕はついていたんだな。
幸せなんだな。

と思う。

まだまだ問題は山積み
原発は収束のめどどころか、悪化する一方。
被災地の問題も一刻も早く解決すべきなのに、日本のトップはそれどころではない模様。

「チャンス」なんて言葉は、もはやミスマッチなのか。
自分の過去の発言(未公開とはいえ)を久々に読み、得も言われぬ気持ちになる。
何がチャンスだったんだろう。
この間僕は何をしていたんだろう。
もっと何かできたんじゃないか。
すべき事があったんじゃないか。
目をそらしきれず、
それぞれ複雑な想いを抱えていると思う。

でもまだ何も終わってないし

毎日、些細なことで一喜一憂し

笑って、泣いて、怒って、歯を食いしばっている。

僕たちは生きている。

だけど

しかし

でも

だから

今回のブログ

結論なんてないよ

終わり方がわかんないよ。

って終わらせ方ってことで。

青野

ウイルス対策
2011.01.13

新年2発目。
心機一転、更新頻度を上げていきましょう。

昨日夢をみました。
スズメバチみたいなのが、両太ももから下半身にまとわりつく夢です。
100匹以上いたと思います。
中々普段見ないような夢だったので、色々調べてみると、
集団の蜂は「協力関係、コミュニケーション等を表す」としているサイトが最も多く。
そして、攻撃的なイメージである蜂ですが、決して悪い意味だけでは無いということも多くかかれていました。
丁度その夢を見た前日に、それと結びつけられそうな出来事があっただけに少しびっくり。
あとはまーあくまで取りようは自分次第ということで、
良い解釈だけを脳みそに刻み、一時の嬉し悩ましで、もんもんとしておりました青野です。
皆さんは占いを信じますか?

今日は再びweb関係、というより既に日常の話と言ってもいいのではないでしょうか。
コンピューターウイルスのお話です。
今日、普段の生活ではもちろん、
仕事上でもパソコンを使うことは、あたりまえといえるのではないでしょうか。
そして、パソコンを使う=インターネットを利用するといっても過言ではないでしょう。
前置きはこれくらいにして、

コンピューターウイルス感染を疑似体験できるという興味深い記事がありました。
マカフィーというコンピューターセキュリティー関連のソフトを取り扱っている会社がつくったプロモーションサイトです。
疑似体験はこちら
それをきっかけに色々と調べてみたのですが、

なんだかよくわかんない。

人間は理解出来ない事物を受け入れることが出来ない動物です。
当たり前です。
だからしゃーない。
というのが最もなところだと思うのですが、

よくある被害の代表例を紹介します。

『5年ほど前に感染して、お客様にご迷惑をおかけしました。「ウィルス感染」という言葉は知っていましたが、まさか自分にふりかかるとは思いもよらず・・。初期のワーム「トロイの木馬」に感染しました。知らないうちにアドレスに入っていたお客様にウィルスをばら撒いてしまい、苦情の電話を何本も受け平謝りでした。
さらに私の知識が乏しく、ccで皆さんに陳謝メールを送ったところ、「ccだと全員のアドレスがわかってしまい、トラブルの元になる!bccにしろ!!」とさらに怒られました。今でも大変申し訳ないことをしたと反省しております。』

仕事上で起きるこのようなトラブルは意外と多いみたいです。
後半なんか、あいたたたーという感じですね。
ウイルスとは関係ないのですが、セキュリティーという面での知識不足が招いた被害。

便利ばかりが強調され、実の所まだまだ扱いが難しい。
なにやら小難しいし、覚える機会がないから知らない。ままでは、いつの間にか被害者どころか加害者になってしまう。
それがパソコンであり、インターネットなのである。

そんな実状を理解しながら利用している人は果たして何割いるのでしょうか?